誰でもわかるFXとはどのような取引方法のことでしょうか。

もちろん、FX自体は多くの人が理解しています。

ただ、実際に取引を行う際の手順や注意しなければならないことは実際にやってみないとわからないものです。

外国為替証拠金取引とは外国為替の売買を証拠金と言う形で行うことです。

証拠金とはいわゆる手付金だけを支払っておくことです。

利益を出すことができれば、その手付金を含めてお金が戻ってくるのですから、手付金自体が必要なかったことになります。

また、損をしそうになった場合は、手付金以上は払わないことにして、早めにクローズさせるのです。

これがFXの基本的な仕組みです。

できるだけ損失を抑えて、利益を得ようとする仕組みです
ただ、為替相場の変動をしっかりと予測できなければ、絵に描いた餅で終わってしまいます。

つまり、取引方法だけを知っていても意味がないのです。

また、投資ですから元金が保証されているわけではありません。

一定のリスクを伴っていることを知らなければなりません。

初心者はその言葉は聞いていますが、十分な理解をしていません。

そのためにFXで大きな損失を出してしまうのです。

長年取引をやってきた人は、損する時は少なく抑えて、儲ける時に大きく儲けるやり方をしています。

それが利益につながるのです。

100%儲けることはできませんから、勝率6割程度で考えておかなければなりません。

自分がその仕組みを十分理解してから取引を始めても間に合います。