FX取引方法について、初心者にもわかるように説明しましょう。

まず、FXの言葉からです。

外国為替の売買を行うのですが、そのポイントは証拠金取引です。

通常の取引であれば、100円のものは100円出さなければ買えません。

それを1円で購入しようと言うのです。

もちろん、実際に購入できるわけではありません。

仕組みは100円が常に変動している点にあります。

1円で100円の売買を行って、その差額分だけに着目するのです。

99円になると1円の損になりますから、所持金の1円がすべて損となって、残高0円となります。

逆に101円になれば、1円の利益となるのです。

このように1円だけでも100円の為替売買ができる仕組みがFXと呼ばれているのです。

これは世界中共通の取引方法ですから、いろいろな通貨ペアで適用することができます。

もちろん、円をベースにせずに、ユーロとドルで為替取引をすることも可能です。

どのような通貨を選ぶことができるかはFX取引業者が提供しているメニューに関係しています。

そして為替の変動をどうやって予測するかが重要となります。

日々の経済指標のニュースやその日の値動きをじっくりと見なければなりません。

また、短時間で見るとかなりの変動があることがわかります。

どの程度の時間スパンを取引の対象とするかも業者を選ぶ際のポイントとなります。

時間単位、日単位、月、年など自分の資産と為替の変動傾向を見ながら決めることが重要です。

もっと詳しい説明はそれぞれの業者のサイトに掲載されています。