FXで利益を得ることができると考えている人が多いのですが、本当にそうなのでしょうか。

サラリーマンでFXを副業としてやっているのは、比較的容易に利益が得ると思われるからです。

スプレッドが小さいほど取引時の利益を大きくなります。

しかし、為替の値動きほど大きくはありません。

副業として、考えるならばポジションを長く持つほうがいいでしょう。

取引の回数を減らすことができるからです。

取引の料金が低い業者のほうがいいでしょうが、大勢には大きな影響を与えません。

ただ、最近のFXは状況が変わってきました。

元々、FXは元本保証がありません。

それなのに副業として多くの人が取引をしている理由があります。

大きく儲けるのではなく、小遣い稼ぎ程度の利益を考えているからです。

1万円を100万円にするのではなく、5万円にすればいいのです。

ちょっとした小遣いでいいのです。

もちろん、大きなリターンを狙っている人もいるでしょう。

ただ、仕事から帰ってきてパソコンを立ち上げるだけで取引をすることができます。

手数料やスプレッドを比較してみなければなりません。

料金が低い業者の場合、サービスが悪いかもしれません。

FX取引においては、お客への勧誘は禁止されています。

そのため、取引に関する情報は提供されますが、実際に購入をするかどうかは自分が判断しなければなりません。

仕事から帰ってしばらくの間、頭を使うのです。

そして、気持ちよくベッドに入ります。

時には損失となることでしょう。

それでもわずかな時間ですから、仕事から離れてリフレッシュできる時間です。