知識もお金も時間もない人でもFXで儲かると思っています。

それが現代人の特徴でしょう。

ある人が儲け話を持っていれば、それが自分にも当てはまると勝手に思ってしまうのです。

もちろん、FXはそれほど単純ではありません。

仕組みは単純ですが、儲けられるかどうかは別問題です。

比較的多くの現代人がギャンブルをやっています。

パチスロや宝くじ、ロトなど街中で販売されています。

FXはそのようなギャンブルとは比較することはできませんが、本質的なところでは同じかもしれません。

スプレッドが小さい業者、取引料金が低い業者を選ぶことから始まっても、料金が安いだけでは直接自分の利益とはなりません。

結論から言えば、値動きを的確に判断できる視点が必要です。

それは誰でもが持っているわけではありませんが、現代人はコンピューターを利用してその代わりをさせようと考えるのです。

自動売買がその最たるものでしょう。

スイッチを押すだけで後はプログラムがFX取引を行います。

スプレッドや取引料金は考慮しませんから、確実に利益となるかは不透明な部分があります。

料金が低い業者を選ぶことも考慮されません。

また、自動売買でも損失が出ることが多いようです。

現代人のパートナーはまだまだ不完全なのです。

そもそもFXで確実に利益が出る保証はどこにもありません。

どれだけ優れたプログラムでも同じことです。

現代人は自分が働かずにお金を儲ける手段をいつも考えているのでしょうか。

あくせく仕事をすることが馬鹿らしいと思っている人は多いでしょう。