税制改正があると、その関連の税金が変わります。

一般的にはこれまで税率が高かった人たちが少なくなります。

FXに関する税制改正は2012年に行われています。

これにより高額所得者のFXの収益に対する税率が下がりました。

もちろん、高額所得者でない人にはほとんど関係ありません。

自分がどれくらいの税金を払っているかをきちんと把握しておきましょう。

給料天引きだと何も考える必要がないので、税率などを考えたこともないでしょう。

もちろん、消費税は知っていますが、それは収入に対する税金とは根本的に違います。

税制改革の具体的な内容を簡単に説明しましょう。

まず、総合課税から申告分離課税になったことです。

申告分離課税とは会社員としての収入とFXの収益を別々に計算する方式です。

FXのために作られた法律ではなく、これまでも株取引などでは適用されてきました。

FXが始まったころは株取引と別扱いになっていましたが、この改正で同じ扱いとなったのです。

それだけFX取引が一般的になったと言えるでしょう。

FXが始まった当初はしっかりした証券会社だけではなく、たくさんの危ない会社が為替取引の仲介をしていました。

そのため、素人が大きな損失を出すケースも少なくなかったのです。

その後、証券会社として明確な手続きを踏まなければ為替取引を行えないようになり、淘汰が進みました。

そして、今は市民権を得たFXとなったのです。

税制改正の内容よりも、改正が行われたことに意義があるのかもしれません。