FXを始めるためにはパソコンやスマホとインターネット回線が必要です。

これはFXのための必要経費となりますから、税金の計算をする時に差し引くことができます。

このようにして少しでも税金が安くなるようにするのが賢い人なのでしょう。

FXでいろいろ考えて利益を出すことは当然ですが、その利益に対してかかる税金を抑えることも重要なことなのです。

逆にそれを考えていない人は、笑われてしまうかもしれません。

もちろん、節税に対する情報はインターネットにたくさんあります。

FXに限った話ではないからです。

お金のことを考え出すと、時間を忘れてしまうような人がFXや節税をやっているのかもしれません。

FXを賭博の一種とみている人は決して儲けることはできませんし、経費控除など考えません。

それが、それぞれの人のお金に対する考え方でしょう。

どちらがいいと言う話ではなく、経費控除をすることで税金が安くなることだけは間違いありません。

控除を申請しなくても違法ではありません。

自分が損をするだけです。

日本の税金制度の基本的な考え方は自分で計算して納めると言うことです。

少なすぎれば税務署から指摘されて不足分を払わされますが、多く払った分は誰も指摘しません。

払い過ぎたままとなるのです。

それでもFXで大儲けしていれば気にする必要はありません。

FXでいくら儲けた金額よりも儲けたと言う事実が重要だと考えている人も少なくありません。

それぞれの人生そのものですね。