収入があれば税金を払うことは当然ですが、FXで利益を上げても税金を払わない人が少なくありません。

税務署から指摘されるまで放置しているのです。

もちろん、少額であればほとんど税金はかかりません。

ただ、FXで大きな利益を上げている人は確実に税金を払わなければなりません。

税務署から指摘されてしまうと、追徴課税となり、多額の税金を払わされることになるでしょう。

それではいつのタイミングで税金を計算して、いつ払えばいいのでしょうか。

サラリーマンの人は会社が税金の計算をして、給与天引きですからほとんど考えたこともないでしょう。

つまり、税金と収入について勉強しなければならないのです。

そこで、さらに考えなければならないのは、できるだけ払う税金を減らす工夫です。

脱税をするのではなく節税をするのです。

勘違いしないようにしてください。

インターネットではFXで簡単に利益を出せることができると書かれていますが、それほど甘くはありません。

実際には損をすることの方が多いのです。

つまり、税金を払う必要がありません。

もちろん、誰もが利益を出そうとしてFXをしているのですから、最初は損失を出したとしても、次第に要領がわかってきて徐々に利益を出すことができるのです。

まずは、どのような時に税金がかかり、節税の方法はどうすればいいのかを調べてください。

間違った情報ではなく、正しい情報を見極める知識が必要です。

情報収集の最終手段としては確定申告時の税務相談に出かけてみましょう。