FXをやっていて、確実な収入が出るようになってくるときちんと税金を払うことが重要となります。

もちろん、損失だけの時も本当は確定申告をしなければなりません。

払うべき税金はありませんが、損失を相殺することができるためです。

FXの値動きばかりを見るのではなく、その周辺を見ることで自分の収入の全体がわかります。

ところで税金についてわからないことがあれば、どこに問い合わせすればいいのでしょうか。

税務署に直接相談することもできますが、日中にわざわざ行くのは大変です。

そこで国税庁のホームページからよくある質問をチェックしましょう。

あなたが疑問に思っていることのほとんどは、すでに誰かが質問しており回答されているはずです。

FXだけのことではなく、税金に関する疑問はそれほど多くありません。

ただ、FX以外にいろいろな収入がある場合は、それらのすべてを考慮して確定申告をしなければなりません。

勘違いして少なく納めている場合は、後から追徴課税されるでしょうが、多く納めていても何の指摘もありません。

つまり、自分が損をすることになるのです。

これが税金の仕組みです。

多くの人はサラリーマンですから、納税のことなど考えたことがないでしょう。

しかし、自分のためのことですから、これを機会にしっかりと考えてください。

毎日の値動きを見て、売買した損益を1年間で集計して、それに対する課税額を計算するだけです。

難しいことではないでしょう。