FXにおける脱税とは一般的な方法と同じです。

支払うべき税金を不法に逃れているのです。

もちろん、自分で気づかない場合もあります。

FXでの税金は自分で申告しなければならないからです。

時には申告のことさえ知らない人もいます。

会社員は自分で確定申告をすることがないからです。

自営業の人は確定申告をすることが当たり前となっていますから、FXの利益が出れば、それに対する税金を考えることでしょう。

実際にFX取引を行う場合には証券会社などを通じて行っています。

そして、それぞれの会社から確定申告のための情報が提供されているはずです。

その情報を基に確定申告を行うことが税金を払うことになるのです。

脱税する意思がなくても確定申告をしなければ、それが脱税行為となってしまうのです。

脱税の言葉から大きな犯罪をイメージするかもしれませんが、小さな場合も脱税となります。

そして、それを税務署から指摘されると追徴課税となります。

本来払うべき税金の額よりも多く徴収されてしまうのです。

結論としては、脱税状態とならないようにしっかりと税金を払う手続きをしなければなりません。

それは国民の義務であり、逃れることはできません。

もっとも、税金を少なくする工夫よりもFXで利益を上げることを考えるべきでしょう。

それが健全な利殖方法です。

世の中の傾向として、お金をたくさん持っている人ほどケチになっていきます。

そのため。
脱税額は高くなっていくのです。

結論として、庶民のFX取引は小遣い稼ぎ程度に止めておいた方がいいと言うことです。