FXは個人の投資として注目されていますが、その歴史は決して古くありません。

パソコンとインターネットがなければ個人の参入はなかったでしょう。

FXを利用することで大きな利益を得た人もたくさんいました。

しかし、すべてがうまくいっていたわけではありません。

FXを取り扱っている業者が急速に増加したために、法整備や環境整備が追い付かず、悪徳業者がはびこることになってしまいました。

基本的にはFX取扱業者を信用するしかないですから、悪徳業者によって損をさせられた人も少なくなかったでしょう。

急に会社が破たんしたり、お客の資産に手を付けたりした業者も出ました。

もちろん、現在では方が整備されて、悪徳業者の参入の余地はなくなりました。

このイメージが世間に広まったために、FXが非常に危ない投資であると見られた時期もありました。

FXは他の投資に比べるとハイリターンハイリターンであることは間違いないでしょう。

ただ、その理屈を十分理解している人にとっては、やりがいのある投資なのです。

最近注目されているのは自動売買ソフトです。

自動売買ソフトを比較して、一番成績の良いソフトを選ぶことが大切です。

しかし、過去のデータだけで自動売買ソフトの性能を比較することは限界があります。

自動売買ソフトが常に利益を出してくれるわけではないからです。

損を少なく抑えて、利益を確保することが大切です。

自動売買ソフトは過去のデータの経験と作成した投資家の考えが投影されています。