FXの取引に自動売買ソフトが導入されたことによって、依然と比較して人の作業が減少して随分と楽になりました。

しかし、それで儲ける人が増えたのでしょうか。

残念ながら、相変わらず多くの人は損失を出しています。

自動売買ソフトの性能は良くなっているのかもしれませんが、昔と比較して好成績を上げているとは言えないのでしょう。

FXに興味がある人は自動売買ソフトを選ぶ前に、自分で取引をやってみましょう。

損をしないようにするのは簡単ではありません。

もちろん、大きな資金を投入するのではなく、少額から始めます。

インターネットのブログなどを見ると、FXだけで生活している人や毎月儲かっている人の話が多いようです。

ただ、それはごく一部の人だけだと思ってください。

すべての人が自動売買ソフトで儲けることはできません。

それは世界中の人が儲かることになるからです。

誰かが儲かれば、誰かが損をします。

それが経済です。

FXは為替を直接取引するのではなく、イメージ的には仮想的な商品をバイバイしているだけです。

経済的にも物理的にも実体がありません。

それをゲーム感覚で取引しているのです。

自動売買ソフトが悪いわけではありませんが、それを使いこなすだけの力量が必要です。

為替のことを知らなくてもソフトに投資することはできますが、それで儲かる保証はありません。

全く知識がなくても比較サイトで注目されているソフトを利用すれば、儲かるのかもしれません。

しかし、それは単なるギャンブルに過ぎません。