FXはインターネット上の取引場で行われている電子取引です。

したがって、様々なコンピューターがアクセスしています。

人がすべてを判断して売買を行っていますが、自動売買ソフトが登場したのは必然と言えるでしょう。

すべては電子信号ですから、元々ソフトで作られている取引だからです。

自動売買ソフトは過去のデータから将来を予測するものです。

考え方は単純ですが、予想を的中させるのはかなり難しいでしょう。

そのため世界中でたくさんの自動売買ソフトが登場しています。

それらを比較するサイトも盛況です。

理論的には自動売買ソフトを適切に選ぶことで、簡単に儲けることができます。

しかし、それが簡単に実現できないのです。

理由は何でしょうか。

多くの人が注目しているソフトを利用すると、売買が一方向に偏ってしまうため市場が変化するのです。

もちろん、個人の取引であれば、直接市場に影響を与えることはありません。

しかし、自動売買ソフトを世界中の人が使っているのですから、ある時点で買いを入れると世界中で買いが同時に進行してしまいます。

自動売買ソフトが思っていない値動きとなってしまうのでしょう。

自動売買ソフトの性能比較をする時に過去の実績データが参考になります。

しかし、これまで良かったからこれからもいいと言う保証はありません。

FXの仕組みを知っているなら、ソフトを利用するよりも自分で取引をした方が確実なのかもしれません。

ただ、FXを知らずに自動売買ソフトだけで投資をしている人も少なくありません。