FXに興味があっても、どうすればいいかわからない人も少なくありません。

FXの始め方について紹介しましょう。

FXとは外国為替証拠金取引のことですが、各国の通貨を売買することです。

基本的なことは難しくありません。

安い時に購入して高いときに売れば、その差額が利益となるだけです。

誰でもが始められる理由は証拠金取引の仕組みにあります。

少ないお金で大きな取引をするのです。

それをレバレッジと言います。

1万円の資金で100万円の取引をするのです。

この倍率がレバレッジと言いますが、取引を行う会社や通貨によって異なります。

具体的なFXの始め方はFX取引を行っている会社に口座を作ります。

そして、所定の金額を入金すればすぐに取引を始めることができます。

株取引と同じようなことですから、必ず儲かる保証はありません。

予想が外れたら損をする覚悟が必要でしょう。

特に災害など予想もできない事態になると相場は急激に変動します。

レバレッジを利用していることから、一定額の損失が確定すれば自動的に売買は停止されます。

この仕組みはどこの会社を利用しても同じです。

会社毎に違うのは、システムの画面構成や売買手数料、提供される通貨ペアの種類などでしょう。

FX取引が始まった初期のころは、怪しい会社がたくさんありました。

しかし、現在では登録が厳密になっていますから、心配する必要はないでしょう。

円とドルとの売買が一番ポピュラーでしょうが、円安でも円高でも設けられる仕組みがFXの魅力と言えます。