FXの料金

Pocket

システムトレーディングが注目を集めています。
FXの料金を比較する時には、スプレッドや手数料を確認しなければなりません。
しかし、システムトレードではプログラムが自動的に売買しますから、料金が低いかどうかは無視されます。
売買の差益で儲けることがFXの基本ですから、スプレッドなどを気にする必要はないのです。
ただ、単純な比較よりもFXの取り組み方の違いによって、スプレッドが大きく影響する場合もあります。
それは、売買を頻繁に繰り返す場合です。
1回の取引で儲けは少なくても、それをたくさん行えば、金額は大きくなるのです。
少ない儲けではスプレッドのごくわずかな差が無視できません。
一般的にスプレッドは0.3銭から0.5銭程度です。
1万通貨の取引で、30円から50円です。
これを100回繰り返すと、3,000円となります。
1回の取引での利益が0.3円であれば儲けの1割がスプレッドとして消えていきます。
これは大きな手数料となります。
もちろん、スプレッドがゼロにならないのは、取引業者の手数料を賄わなければならないからです。
取引業者は儲けから手数料を取ることはできず、1回の取引毎に一定額を徴収することになるのです。
スプレッドが時間とともに変化することはありませんが、定期的な見直しをする業者は多いようです。
したがって、スプレッドの金額を考慮して、利益が出すことを考えなければなりません。
料金が低い業者を見つけるようにしましょう。
システムトレードのプログラムの実力などではスプレッドが無視されている場合もありますから、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。